お気に入りの食器で毎日の食事を明るく

私は結婚して数年の新米主婦です。
毎日の食事の支度って大変です。
せっかく作るんですから、勿論美味しいものを、お腹いっぱい食べて欲しい。
だけど最近出てきた主人や自分のお腹も気になります。
春には健康診断もあるのでダイエットしようと、野菜中心のメニューにしたり、量を減らしてみたりと色々試してはみたのだけれど「何だか物足りない。
」どうした物かとため息をつきながら握ったティーカップ。
その日は気まぐれで、いつもと違うカップを使っていたんです。
いつもより少し小さめの厚みのあるカップ。
指先にじんわり珈琲の熱が伝わってホッとしました。
その時、「これが足りないんだ。
」と実感しました。
早速、食器棚からこの数日使っていた器をだして並べてみたら思った通り。
メインも副菜も同じ器。
ワンパターンな食卓になっていました。
そこで普段はしまってあるお気に入りの食器を、少しずつ食卓に乗せるように。
それだけで少し気分も明るくなり、食卓での会話も増えました。
話をしながら食べるので、食事のペースもゆっくりになり「何だか物足りない。
」と思っていたメニューでも満足できてしまいます。
食器を一枚足すだけでこんなにも変わりました。